ここが大事!建設業の許可申請

建設業許可について記事一覧

建設業の許可区分と有効期間

建設業の許可には、「大臣許可」と「知事許可」の二つがあります。建設業者の営業所所在地によって区分されるもので、2つ以上の都道府県で営業所を設けて営業する場合は国土交通大臣による大臣許可を、1つの都道府県にのみ営業所を設ける場合は、都道府県知事の許可を受けることになります。

≫続きを読む

 

ここが違う!一般建設業と特定建設業

@直前の決算において,自己資本が500万円以上あることA500万円以上の資金調達能力のあること(預金残高証明書,金融機関発行の融資可能証明書等で確認します)B許可申請直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績のあること(原則として更新及び業種追加の場合)

≫続きを読む

 

こんなにある!建設工事の業種

建設工事は、土木一式工事と建築一式工事の2つの一式工事と26の専門工事に分類され、それぞれに応じ28の業種が法律に定められています。建設工事の業種は、以下のとおりです。土木工事業建築工事業大工工事業左官工事業とび・土工工事業石工事業屋根工事業電気工事業管工事業タイル・れんが・ブロック工事業鋼構造物工...

≫続きを読む

 

経営業務管理者要件の緩和

建設業の許可を取得する時に必ず経営管理責任者が必要になり、申請の相談で対処しなければならない点の多くがこの部分です。経営業務管理責任者になれる要件として建設業に関する経営経験が十分にあるか許可申請者の役員として常勤で勤務しているか上の@とAを証明できる確認資料が用意できるかとなっており、この条件のハ...

≫続きを読む

 

建設業許可にはこんなに書類が必要です。

建設業許可に必要な書類は下記のとおりです建設業許可申請書役員の一覧表営業所一覧表工事経歴書直前三年の各営業年度における工事施工金額を記した書面使用人数を記載した書面誓約書経営業務の管理責任者証明書法人の場合 → 商業登記簿謄本+同業者の証明個人の場合 → 営業証明+所得証明5年分専任技術者証明書学歴...

≫続きを読む

 

ここがつまづく建設業申請!経営業務の管理責任者

経営業務の管理責任者が常勤でいること@ 許可を受けようとする建設業に関して5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者A @と同等以上の能力を有するものと認められた者B 許可を受けようとする建設業に関し経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって次のいずれかの経験を有する者a  経営業務の執行に関...

≫続きを読む

 

専任技術者の10年以上の実務経験の要件の緩和

許可を受けようとする建設業の建設工事に関して10年以上の実務経験がある場合、専任技術者となる資格を有します。しかし同じ人がが10年の実務経験の要件により複数の 業種の専任技術者となろうとした場合には10年×業種の数となってしまうため、実務経験要件を満たすことが難しくなってしまいます。@屋根工事業が8...

≫続きを読む

 

建設業の許可を受けなくてもできる工事とは

建築一式工事以外の建設工事1件の請負金額が500万円未満1つの工事を2以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の額の合計額となります。注文者が材料を提供する場合は、市場価格又は市場価格及び運送費を当該請負契約の請負代金の額に加えたものが請負代金の額となります。(消費税は含んだ金額)建築一...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 建設業許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ