建設業の許可区分と有効期間

建設業許可の知事免許と大臣免許

建設業、知事免許、大臣免許、特定、一般、下請、元請

建設業の許可には、「大臣許可」と「知事許可」の二つがあります。

 

建設業者の営業所所在地によって区分されるもので、2つ以上の都道府県で営業所を設けて営業する場合は国土交通大臣による大臣許可を、1つの都道府県にのみ営業所を設ける場合は、都道府県知事の許可を受けることになります。

 

 

 

 


建設業許可の一般建設業と特定建設業

建設業、知事免許、大臣免許、特定、一般、下請、元請

発注者から直接工事を請け負う元請業者として、一定金額以上の大規模な工事を下請に出すものかどうかによって、特定建設業」と一般建設業に区分されます。

 

 

特定建設業

 

発注者から直接請け負う1件の建設工事について、3000万円(建築工事業は4500万円)以上の工事を下請に出して施行しようとするもの

 

 

一般建設業

 

発注者から直接請け負う1件の建設工事について、3000万円(建築工事業は4500万円)以上の工事を下請に出して施行しようとしないもの

 

特定建設業者については、下請負人保護のために、許可要件が一般建設業よりも厳しくなります。

 

 

なお、建設業許可の有効期間は、許可を受けた日から5年間です。

 

き続き営業を行うためには、有効期間満了日前30日までに更新手続が必要となりますので要注意です。

 


あなたの建設業許可の申請のお手伝いします。

建設業、知事免許、大臣免許、特定、一般、下請、元請

建設業の許可・変更・更新の申請をお急ぎの方は、

 

必ずご確認ください!

 

     ↓

 

建設業、知事免許、大臣免許、特定、一般、下請、元請


 

 

 

関連ページ

ここが違う!一般建設業と特定建設業
ここが違う!一般建設業と特定建設業|建設業許可申請・変更・経審を速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。
こんなにある!建設工事の業種
こんなにある!建設工事の業種|建設業許可申請・変更・経審を速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。
経営業務管理者要件の緩和
経営業務管理者要件の緩和についての説明。建設業許可申請・変更・経審を速く・安く・確実に申請したい方に情報提供するサイトです。
建設業許可にはこんなに書類が必要です。
こんなに書類が必要です|建設業許可申請に必要書類を説明!速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。
ここがつまづく建設業申請!経営業務の管理責任者
経営業務の管理責任者|建設業許可申請に必要書類を説明!速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。
専任技術者の10年以上の実務経験の要件の緩和
専任技術者の10年以上の実務経験の要件の緩和|建設業許可申請に必要書類を説明!速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。
建設業の許可を受けなくてもできる工事とは
建設業の許可を受けなくてもできる工事とは|建設業許可申請に必要書類を説明!速く・安く・確実に申請したい方のサイトです。

 
TOPページ 建設業許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ