建設業許可申請の最新ニュース

建設業最新ニュース記事一覧

国土交通省が発表!もっと女性が活躍できる建設業

国土交通省は26日、「もっと女性が活躍できる建設業」地域協働推進事業」の一環で、建設業で活躍する女性をサポートする地域の取り組みを応援するため、支援対象となる地域ネットワークの募集を平成27年6月29日から開始することを発表した。採択案件には、地域における建設企業、業界団体、教育機関、行政機関などの...

≫続きを読む

 

人手不足の建設業界!外国人活用でカバーできるか

人手不足が深刻となっている建設業で、政府は外国人労働者の受け入れを拡大する緊急の措置を決めた。しかし、当の建設業界からは、その効果を疑問視する声が上がっているようだ。この措置は、新興国への技術移転を目的に外国人を受け入れる「技術実習制度」を拡充したもの。受け入れ期間を今までより2年延長して最長5年と...

≫続きを読む

 

日本版「資本のリサイクル」の検討

国土交通省は自治体と民間事業者とによる、官民連携事業を推進するためその環境整備に向けたそれぞれの対応に乗り出すことにした。国や自治体、民間などからなる地域プラットフォームを形成し、官民連携の案件形成やニーズの発掘に向けた話し合いを進める。民間収益施設の併設・活用等を通じて公共事業費を一部回収する手法...

≫続きを読む

 

改正建設業法 27年4月より施行

必要書類が追加されます従来の取締役に加え、顧問、相談役や、100分の5以上の個人の株主等に関する書類が必要となります営業所専任技術者の一覧表の作成が必要となります書類が簡素化されます役員や使用人の略歴書が大幅に簡素化され、経営業務管理責任者を除き、職歴の記載が不要となります役員や使用人の一覧表に生年...

≫続きを読む

 

公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律

平成26年6月4日に公布され、即日施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第56号)」公共工事の発注者は、本改正法の趣旨を踏まえ、基本理念にのっとり、公共工事の品質確保の担い手の中長期的な育成及び確保に配慮しつつ、発注関係事務を適切に実施することが求められ...

≫続きを読む

 

 
TOPページ 建設業許可について 取扱業務&報酬表 事務所のご案内 →お問い合わせ